横断幕・懸垂幕・垂れ幕・応援幕・店頭幕の格安・激安専門店【MAKUSHOP】

MAKU SHOP メニュー
横断幕・懸垂幕のお見積もりやご注文
商品一覧
足場幕
ターポリン幕
トロマット幕
社旗
団旗
マグネットシート
吸着ターポリン
塩ビシート
横断幕の価格表
WEB上で横断幕がデザインできる「幕デザイン」
横断幕のデザインのご依頼にオーダーシートの描き方
横断幕の生地について
横断幕の加工について
掛け払いはじめました
はじめての方へ
制作事例紹介
横断幕の制作事例をジャンルからさがす
スポーツ
店舗
不動産・建築
横断幕を大きさ・形からさがす
大型幕
インフォメーション

横断幕の品番
MAKUSHOPキャンペーンのご応募方法
横断幕お見積に対するご返事

営業日カレンダー
弊社運営サイト
のぼり通販
のぼり印刷


競艇で応援をするなら横断幕


競艇では横断幕を掲げて応援をする文化があり、レース上には色とりどりの横断幕が掲出されています。
競艇は水上で行われる競技ですし、観客と選手の距離が遠いために声援を届けにくいものです。
視覚的に応援メッセージを届けられる横断幕というのはとても合っているのでしょう。



■競艇での応援用横断幕

競艇では、横断幕を使用して選手を応援することが普通です。
そのため競艇では一枚でも多くの横断幕を掲示できるように運営が横断幕の制限を設けています。
横断幕の定められた規格は「縦200僉濂1000僉廾米發板蠅瓩蕕譴討い泙后
強風の時は提出されないようになっていますが、急な強風が吹いたときに飛ばされる可能性がないわけではありません。
飛ばされると大変危険なので安全確保という観点からも横断幕の制限を行っています。
横断幕が統一規格を超えてしまった場合、絶対に受け付て貰えないと言うわけではありませんが、状況によって掲示されない事もあります。
せっかく選手に声を届けようと作った横断幕ですから、無駄にしないためにも定められた規格内に収めた方が良いですね。

競艇での横断幕ですが、一般的には耐久性のあるものが好まれています。
競技会場が屋外にあり水上の上に設けられているためです。



■主流はターポリン

競艇の横断幕で使用される素材として主流なのはターポリンです。
競艇で横断幕が掲出されるのはレース期間中の数日間。競技会場は屋外の水上で、直射日光・雨風に晒される場所です。
そんな条件下で掲出されますから、競艇で使用する横断幕に求められるのは「直射日光・雨風に晒しても耐えられる丈夫さ」「汚れた時の手入れのし易さ」です。
応援している選手がレースに出場するたびに横断幕を使用しますし、安全面からも著しい汚れのあるものや、破損がある横断幕は受け付けられていません。
こういった理由からも、耐久性があり手入れのし易い素材のものが求められます。

競艇の横断幕てトロマットよりもターポリンが好まれるのは、ターポリンの特徴によるものからです。
ターポリンの特徴は塩ビ素材で厚みがあり、しっかりとした丈夫な素材。
ビニール系生地のため水や汚れが生地に浸透し難く、水分を弾くき直射日光を受けても色褪せしにくい。光を通しにくく、横断幕に書かれた文字が見やすいといった特徴があります。
こうした特徴から競艇で使用する横断幕の素材としてターポリンは良いのですが、勿論デメリットもあります。
デメリットとしては管理のし難さです。
ターポリンはしっかりとした上部な素材な分重量があり、90×360僖汽ぅ困婆1.4圓曚匹砲覆蠅泙后
目立たせるためにはもっと大きなサイズで作りますので、ものによっては1人で持つのがつらい重さになってしまいます。
またビニール系の生地に印刷をしているため、折り畳んでしまうと印刷が剝がれてしまいますので筒状に丸めて保管する必要があり、保管場所を取ってしまいます。
そういったデメリットをある程度解消した素材がメッシュターポリンです。

こちらの特徴はなんと言ってもその軽さです。
メッシュターポリンは風が抜けるようにメッシュ状になっており、その分軽量化されていて90×360僂婆0.7圈▲拭璽櫂螢鵑犯羈咾靴峠杜未錬科の1に抑えられています。
生地はメッシュ状になっていますが、視認性はターポリンと遜色ないので見栄えなどに心配はありません。
しかし、それでも筒状に丸めて管理しなければならないのに変わりはりませんし、会場は横断幕の保管はしてくれませんので自己管理をしなければなりません。
管理の難しさ、という部分はどうしても出てしまいます。

最近では管理のし易さからトロマットの人気も高まっています。



■人気の高まるトロマット

主流はまだまだターポリン素材が人気ですが、トロマットも人気を高めています。
人気を高めている理由は、軽量であり保管がし易いと言うことです。
その重量は90×360僂婆0.7圓肇瓮奪轡絅拭璽櫂螢鵑汎韻犬らいの重さで、トロマットは布製のため折り畳んでも印刷が剥がれることはありません。
そのため小さく折り畳む事が出来るので保管場所に困りません。
布製なのでターポリンと違って汚れをふき取る事は出来ませんが、洗濯は出来きますので清潔を保てます。

求められる丈夫さなどの特徴でいうならターポリンの方が理想的かもしれませんが、トロマットも悪くはありません。
管理のし易さなどを考慮しながら、自分が求める最高の横断幕を作って下さい。