横断幕・懸垂幕・垂れ幕・応援幕・店頭幕の格安・激安専門店【MAKUSHOP】

MAKU SHOP メニュー
横断幕・懸垂幕のお見積もりやご注文
商品一覧
足場幕
ターポリン幕
トロマット幕
社旗
団旗
マグネットシート
吸着ターポリン
塩ビシート
横断幕の価格表
WEB上で横断幕がデザインできる「幕デザイン」
横断幕のデザインのご依頼にオーダーシートの描き方
横断幕の生地について
横断幕の加工について
掛け払いはじめました
はじめての方へ
制作事例紹介
横断幕の制作事例をジャンルからさがす
スポーツ
店舗
不動産・建築
横断幕を大きさ・形からさがす
大型幕
インフォメーション

横断幕の品番
MAKUSHOPキャンペーンのご応募方法
横断幕お見積に対するご返事

営業日カレンダー
弊社運営サイト
のぼり通販
のぼり印刷


静かな声援を送るバレーボールの横断幕


バレーボールのように集中力を要するスポーツの場合、声を出さずに固唾を飲んでプレーを見守ることもありますが、選手を応援していることには変わりません。
大きな声を上げることをせずとも、応援をしていると選手に伝える手段があります。
それが横断幕を用いた応援です。



■静かな応援

横断幕を掲げる事は「静かな応援」と同じ事です。
大きな声で応援する事が苦手な人、大きな声が出せない人、理由は様々ですが声を上げる事だけが応援ではありません。

特にバレーボールの様に選手が集中しなければならない瞬間……例えばサーブの時など、声が集中を妨げてしまう恐れがある場合にもこの「静かな応援」でエールを送ることが可能なのです。
勿論掛け声が合った方が集中しやすい人もいるでしょうし個人差はありますが、応援の手段の一つとして横断幕も活用するのが効果的です。

それに試合は必ずしも常に優勢とは限りません。
劣勢になればなる程声が掛け辛くなることもありますが、そんな時こそポジティブな応援の言葉を前面に押し出した横断幕でバックアップ出来ます。
何より大事なのは応援する側が諦めない事。
どんな場面でも選手を応援する気持ちを表すためには横断幕は最良の手段なのです。



■バレーボール応援横断幕のデザイン

初めて横断幕を作成する際、デザイン面で気にしておくと良い事にはどんなものがあるでしょうか?
横断幕で重要なのは『見た目のインパクト』『限られた面積で気持ちを表現する為、なるべく少ない文字数で作る事』『皆で共通の意識が持てるような合言葉を考える事』です。

インパクトを出すためには配色にメリハリを持たせるのが基本で、シンプルに濃い色の背景に白文字でも十分ですが、より目立つ為には明度差のある色を組み合わせたり、補色の関係の色を組み合わせる事が重要です。
前者は黄色地に赤文字、後者は紫地に黄色文字、といった具合です。
どちらも文字が浮かび上がって見え、視覚的にとても目立ちます。

尤も、一口に濃い色の背景カラーといっても闇雲に選ぶのではなく、チームカラーなどが存在する場合はそれを使用するのも効果的です。
好きな色を使ったユニフォームと同系色にするとか、一工夫加えればより気持ちが高まり、応援する側も選手も士気が高まります。
そういった意味ではインパクトや効果も大事ですが、皆の気持ちを上げる事も横断幕を制作する上では重要なポイントです。

勿論使うフォントや、余白の使い方なども重要で筆文字で勢いよく書き殴ったような力強い表現もあれば、変わったフォントを使い、さらに色にも工夫すればとてもインパクトのある表現になります。
面積一杯に描けばそれだけ気持ちが出ているように見えますし、ある程度の余白を残してバランスの良いデザインにすれば観る方も楽しめるような印象的なものになります。
その辺は製作者の拘りですね。

他にも炎の模様などで闘志をイメージしてみたり、バレーボールならボールのイラスト、影絵でアタックをする様を表現して躍動的に演出する事も可能です。

字数は少ない方が効果的でしょう。
メインタイトルとして一般的には4〜15文字程度の「(選手名)頑張れ!」や四字熟語など、サブタイトルとして4〜24文字程度の確言や合言葉などを載せるのが一般的です。



■バレーボール応援の言葉

横断幕として掲げる応援の言葉として相応しいものはなんでしょうか?
格好良さを求めるなら有名な四字熟語や格言を大きく書き記すのが効果的ですし、チーム全体の士気を高めたいのなら皆で考えたスローガンなどがお勧めです。
どちらにせよ、チーム一丸となって試合に臨めるようなものが相応しいですね。

応援の気持ちを一枚の布に込めて高く掲げる横断幕。
その熱い思いはきっと試合に臨む選手に届くはずです。
貴方も横断幕を使って静かで熱い応援をしてみませんか?