横断幕・懸垂幕・垂れ幕・応援幕・店頭幕の格安・激安専門店【MAKUSHOP】

MAKU SHOP メニュー
横断幕・懸垂幕のお見積もりやご注文
商品一覧
足場幕
ターポリン幕
トロマット幕
社旗
団旗
マグネットシート
吸着ターポリン
塩ビシート

横断幕の価格表
WEB上で横断幕がデザインできる「幕デザイン」
スピード見積
横断幕のデザインのご依頼にオーダーシートの描き方
横断幕の生地について
横断幕の加工について
掛け払いはじめました
はじめての方へ
制作事例紹介
横断幕の制作事例をジャンルからさがす
スポーツ
店舗
不動産・建築
横断幕を大きさ・形からさがす
大型幕
横断幕の生地見本を依頼する
インフォメーション

横断幕の品番
MAKUSHOPキャンペーンのご応募方法
横断幕お見積に対するご返事

営業日カレンダー
弊社運営サイト
のぼり通販
のぼり印刷


看板としても効果アリ!横断幕や懸垂幕を活用して集客UP!

横断幕看板事例_ACQUA MONTE様

横断幕や懸垂幕は応援だけじゃない、お店の顔でもある看板として大活躍!

幕はその種類や形状・素材から横断幕・懸垂幕・タペストリー・バナーなどさまざまな呼び方をされていますが、中でも特にポピュラーなものは、横型の「横断幕」と縦型の「懸垂幕(垂れ幕)」です。ふだんはスポーツの応援などに使われていますが、店舗の外観に設置することで看板としての役割を果たします。
そんな横断幕や懸垂幕についてご紹介します。

どんなところで利用されているの?

「店頭幕」として、店先に設置する場合がほとんどです。
例えば、美容院の店頭のスペースが空いている場合、おしゃれなデザインの懸垂幕を掲げると「ここが美容院だ」という視認性を高めることが可能です。店舗の上部にある看板を見上げるよりもわかりやすいサインといえるでしょう。

店頭幕事例_美容室フラッペ様

(美容室フラッペ様)

屋内で使用する場合は、期間限定のイベントで出店したり催事でお菓子などの直売所を設けるケースに利用されることが多いです。

店頭幕事例_フィーカファブリーケン様

(フィーカファブリーケン様)

屋外で使用するならオススメの生地は【ターポリン】

幕の素材にもさまざまな種類がありますが、用途によって使い分けることが必要です。
屋外に幕を設置する際に、いちばん適している素材が「ターポリン生地」です。
ターポリンとは一般的にポリエステル素材の糸と合成樹脂で作られており、屋内用の幕に使われるトロマットなどの布地と比べて厚みがあります。

ターポリン メッシュターポリン
ターポリン幕例_花ざかり 大野辻店様

(花ざかり 大野辻店様)

メッシュターポリン幕例_ACQUA MONTE様

(ACQUA MONTE様)

特徴 厚みがあり、雨や風・日光に強いため色落ちせず長期間の設置に向いています。
光沢感がありツヤのある仕上がりになるので、食べ物などの写真デザインがよく映えます。
ターポリンにメッシュ加工(穴あき加工)を施したものになります。
ターポリンと比べて軽量で持ち運びがしやすく、風通しがよいため強風に煽られる心配が少ないのが特徴です。
おすすめポイント 遮光性にもすぐれているため裏が透けにくく、高い耐久性も持ち合わせています。 メッシュによりテカリが抑えられているので、文字やお店のロゴが見やすく、遠くからでも目を引くことができる素材といえます。

ターポリンの耐久性はどれぐらい?

ターポリンの平均耐用年数ですが、おおよそ3年といわれています。もちろん設置場所や環境にもよりますが、屋外への設置で取り外すことなく日光や雨風に晒されたとしても、3年は看板の役割を果たしてくれるといえます。汚れた時も拭き取るだけなので、お手入れも簡単です。

幕の「加工」による取付け方もさまざま

ターポリン メッシュターポリン
ハトメ加工例 棒袋縫い加工例
特徴 幕の四方に「ハトメ」という真鍮製の穴の開いた金具を取付けるかによって、ロープを通して取付けることができる加工方法です。
小さい幕は四方で十分ですが、大型の幕は一辺に等間隔で穴を開けることも可能です。
大きめの懸垂幕などを取付ける際に上辺と下辺にポールを通すことがあります。
「棒袋縫い加工」とは、ポールを通すために幕を折り返して袋状に縫う加工のことを指します。
棒袋縫い加工のメリットは、ポールを通すことによって重みで幕が固定され、風でよれたりする心配がないことです。
ここがメリット! ハトメでしっかり固定した幕は風に煽られる心配がなく安心感があり、ロープで括り付けているため取り外しもしやすいです。 ハトメ加工はハトメの数だけロープを通す必要がありますが棒袋縫い加工はスタンドを使ったり壁に吊るすだけなので、若干取付けが簡単です。

取付け方法によって、取付けに適した加工を幕に施すことができます。代表的なものがハトメ加工と棒袋縫い加工です。希望の取付け方に合わせてどちらにするか選びましょう。もちろん両方の加工をすることも可能です。

横断幕以外にも看板におすすめ3アイテム!

幕以外にも、看板代わりとして十分目印の役割を果たしてくれるのがのぼり・バナースタンド・マグネットシートです。

①集客効果も高い身近な  ≪のぼり≫

のぼり旗事例_ACQUA MONTE様

(ACQUA MONTE様)

ラーメン博や肉フェスなど、最近流行りの飲食店が集う屋外イベントで看板として大活躍しているアイテムが「のぼり」です。
のぼりは縦型の旗状になっているため、店舗同士の間隔が近いフェスでもどのお店か一目でわかりやすく、のぼりを並べて使うことでお客様を誘導し、並ぶ列をわかりやすくする効果もあります。
また、のぼりは通行人の視認性が高いため、看板や幕を引き立たせてくれる効果があります。店舗に店頭幕と一緒に使用すると、より集客アップも期待されます。

②展示会だけじゃない  ≪バナースタンド≫

バナースタンド事例

企業の展示会などのブースによく利用されているのが「バナースタンド」です。バナースタンドは縦型の懸垂幕の一種で、上下に懸垂ポールを通しスタンドを使って固定したものになります。
バナースタンドは屋内用のイベントで、大きなサインボードやデジタルサイネージが用意できない時などに看板代わりとしてよく利用されています。
バナースタンドのメリットは簡単に組み立てることができ、撤収もしやすいことです。屋外用のバナースタンドは重りを挿して固定することもできるので安定感があります。

③車にも使える!上手に活用しよう!  ≪マグネットシート≫

最近では、磁石でできた「マグネットシート」を看板代わりとして採用している企業やお店が増えています。

マグネットシートって何??

皆さんがよく冷蔵庫に貼ったりしているような、吸着面が磁石でできている薄いシートを指します。マグネットに直接インクジェット出力印刷を施すことによって、発色もバツグンですので大型のシートを使えば遠くからでも目立ちます。

お店や会社のPRとしても効果アリ!

営業用の社用車を複数台持っているお店や企業などは、お店のPRのためにロゴや社名を塗装したり、ステッカーを貼っています。
ですが、「塗装に回すコストが足りない」「社用車と自家用車を兼用しているためステッカーや塗装は難しい」という人にピッタリなのがマグネットシートです。ドア横のスペースに貼ることによってPR効果を高めることができますし、すぐに取り外すことが可能です。

いろいろな事情で看板が用意できなくても幕を掲げる事や、のぼりなど他のツールを使うことによって看板と同じ効果を発揮することができます。
素材や取付け方の工夫次第で集客アップも期待大ですので、ぜひ幕の使用を検討してみてはいかがでしょうか?





[サービス利用規約][情報セキュリティ基本方針]